記録写真|2013初冬

葉が落ちるもののまだまだ紅葉の美しい蒜山へに行ってきました。
今回は福岡から食いしん坊なゲストご同行の蒜山耕藝詣。
土居分古菜という蒜山の伝統野菜を収穫後は、
定例の打ち合わせをみっちりやって美味しい夕食。
冬野菜がふんだんに並んだ食卓に、会話が弾みます。
ゲストは福岡で美味しいお菓子づくりをされる食卓家さんと、
素敵なイラストで紙箱やモビールなどを制作されるデザイナーさん。
お土産にと持って来られた、お菓子とオリジナルの菓子箱に感動しました。
お二人とも味の感覚が研ぎ澄まされていて、野菜や料理の繊細な部分をキャッチされてました。
食材や、食べ方について途切れることのない楽しい会話を眺めながら、
この食卓に幸せがあるんだと噛み締めました。
今、蒜山耕藝には美味しいもの大好き食いしん坊が集まっているそうで、
この流れはもっと広がりをみせていきそうです。
今年は自分自身、蒜山耕藝と人とのつながりや展開に驚く一年でした。
米袋や丸もち袋などパッケージなどデザインも一つ一つ確実に進んでいます。
来年はこれから将来を冷静に見つめて土づくりを行う年になります。
これから益々楽しみ。
帰る時には今年初の積雪。蒜山は銀世界になっていきます。

12月からはお餅づくりが始まりますので、蒜山耕藝のブログをチェックしていてください。
蒜山耕藝「ろっかつふてい」


撮影_前崎成一
Nov. 2013

hi01
hi03
hi05
hi06
hi07
hi08
hi09
hi10
hi12
hi17
hi14
HI15
hi16
hi18
hi19
hi20
hi21
hi22
hi23
hi25
hi26
hi27
hi28
hi29
hi30
hi32
hi33
hi35
hi34


Twitterでつぶやく

Client

株式会社 サンショウ
NUNUSAAA
こうげのシゴト
福岡市文化芸術振興財団
独華陶邑・Gallery白田
南畑ぼうぶら会議
スローフード協会 筑後平野
大春の里
蒜山耕藝
福岡書芸院
DIARY By Narimura
manuf
ひろかわ新編集
またいちの塩
KifuL
ギャラリーなかむら
野上耕作舎
板場合同会社
うきは百姓組
紙漉思考室
竹研たちばな

実績一覧へ

Symbol

chenge
アオバトに本当に変わりました
2018-07-20 12:21:25

News

logoweb
アオバトに変わりました
2018-02-15 05:13:01

Diary

aologo
アオバトに変わります
2018-02-14 14:42:44

Diary

hajime
謹賀新年2018「一」
2018-01-02 17:25:27

Diary

newlife1
2017年大晦日に
2017-12-31 18:39:56

Graphic

mataichi_leaflet06
またいちの塩 リーフレット
2017-12-16 18:38:08

Branding

gensai_logo01
「玄菜」ブランドづくりのはじまり
2017-12-13 18:16:36

Life style

home_move
古民家暮らし、おしまい
2017-11-28 10:47:43

idea

voteicon
選ぼう2017
2017-10-16 16:15:21
 
サイト変更のお知らせ
Jul 20, 2018
aobatowebtop
DIARY Interview
Nov 5, 2015
int
アナバナさんに紹介して頂きました
Oct 12, 2015
コトバナ03