果実のパッケージ

うきは百姓組では、青果を梱包する為のパッケージと、
百姓組と、ベジキッチンのゴトウさんと商品開発をした
ドライフルーツのパッケージの2種類をデザインしました。

依頼内容
うきは百姓組から旬の果物を包装するダンボールと、
日持ちのする加工品を作りたい。

目的提案
まずは、果物のパッケージ。
「百姓組から一番美味しい旬の果物が届いた」という直送感をだすため、
変に包装を飾ってしまわず、ゴム印をつくり
そのまま豪快に無地のダンボールスタンプする低コストで出来るパッケージ。
スタンプなので、クラフト紙のショッピングバックなど応用も可能。

その次は、すっぴんドライフルーツ。
このパッケージの目的は、手に取って買ってもらう事はもちろんですが、
ドライフルーツを通して、うきは百姓組の果実(青果)や
いろんな取組みを多くの人に知ってもらう入口となる事。
料理研究家ゴトウタカコさん監修のもと、
出来上がったそれぞれドライフルーツはとても綺麗で、
視覚的にも訴えるものがあったのでパッケージの表面には、
過剰な装飾や説明を一切入れずに、マークだけをシールで貼ることに。
その代わり、裏には福岡県産であることや農家が作っている事、
またQRコードも入れてネットを見られるようにしています。
無添加で福岡県産の美味しいドライフルーツ是非一度お試しあれ。

このドライフルーツは、まずイベント出店時に販売し、
お店にも卸していくようになっています。
興味のあるお店の方は、こちらへ(info@ukiha-100.jp)お問い合わせ下さい。
ちなみに、ドライフルーツの個別配送は受け付けておりません。


総合プロデュース_江副直樹(株式会社ブンボ)
商品開発監修_ゴトウタカコ(vegekitchen)
ディレクション・デザイン_前崎成一
プロジェクト_九州ちくご元気計画
Mar. 2011

ukika_pack01
ukika_pack02
ukiha_pa03
ukiha_pa04


Twitterでつぶやく

Client

株式会社 サンショウ
NUNUSAAA
こうげのシゴト
福岡市文化芸術振興財団
独華陶邑・Gallery白田
南畑ぼうぶら会議
スローフード協会 筑後平野
大春の里
蒜山耕藝
福岡書芸院
DIARY By Narimura
manuf
ひろかわ新編集
またいちの塩
KifuL
ギャラリーなかむら
野上耕作舎
板場合同会社
うきは百姓組
紙漉思考室
竹研たちばな

実績一覧へ

Symbol

chenge
アオバトに本当に変わりました
2018-07-20 12:21:25

News

logoweb
アオバトに変わりました
2018-02-15 05:13:01

Diary

aologo
アオバトに変わります
2018-02-14 14:42:44

Diary

hajime
謹賀新年2018「一」
2018-01-02 17:25:27

Diary

newlife1
2017年大晦日に
2017-12-31 18:39:56

Graphic

mataichi_leaflet06
またいちの塩 リーフレット
2017-12-16 18:38:08

Branding

gensai_logo01
「玄菜」ブランドづくりのはじまり
2017-12-13 18:16:36

Life style

home_move
古民家暮らし、おしまい
2017-11-28 10:47:43

idea

voteicon
選ぼう2017
2017-10-16 16:15:21
 
サイト変更のお知らせ
Jul 20, 2018
aobatowebtop
DIARY Interview
Nov 5, 2015
int
アナバナさんに紹介して頂きました
Oct 12, 2015
コトバナ03