板場の商品開発

板場合同会社では、地域のおばちゃん達に雇用をということで
様々な商品開発に取り組んでいます。
そこで出来た商品がえのはの押寿司と滋味どれ(朝と夕)・滋味だれの3点

エノハとは、川魚のヤマメのことですが、姿が榎の葉に似ている事から、
竹田ではそう呼ばれているそうです。
押寿司のエノハは、板場合同会社メンバーの森田さんが養殖をされたもので、
養殖場の敷地内に湧き水がある素晴らしい環境の中で育った、
体長30cmを超える大エノハです。
そのエノハの美味しさを、板場の知恵で最大限引き出された押寿司。
パッケージデザインは、紙箱で作るために中身が見えないので、
大きなエノハであることを表現する為に、
エノハの木版画を蓋一面にのせるだけ、他は必要最小限の情報を入れています。
また、エノハの身が綺麗なピンク色なので、
その良さがでるように箱は銀1色でまとめました。

実はこの商品、薬膳の材料を使ったドレッシングだったので、
当初は「かける薬膳・のせる薬膳」という名前で進めていました。
しかし、「薬膳」という表記は効能を期待させる紛らわしい表現ということで、
名前変更を余儀なくされ「滋味どれ(朝と夕)・滋味だれ」へ。
商品開発の初期から関わらせてもらえたことで、
制作過程におこる様々な問題に立ち合うことになりました。

プロデュース_江副直樹(株式会社ブンボ)
デザイン_前崎成一
プロジェクト_たけた食育ツーリズム
Sep. 2010

エノハ
web[photo
薬膳


Twitterでつぶやく

Client

株式会社 サンショウ
NUNUSAAA
こうげのシゴト
福岡市文化芸術振興財団
独華陶邑・Gallery白田
南畑ぼうぶら会議
スローフード協会 筑後平野
大春の里
蒜山耕藝
福岡書芸院
DIARY By Narimura
manuf
ひろかわ新編集
またいちの塩
KifuL
ギャラリーなかむら
野上耕作舎
板場合同会社
うきは百姓組
紙漉思考室
竹研たちばな

実績一覧へ

Symbol

chenge
アオバトに本当に変わりました
2018-07-20 12:21:25

News

logoweb
アオバトに変わりました
2018-02-15 05:13:01

Diary

aologo
アオバトに変わります
2018-02-14 14:42:44

Diary

hajime
謹賀新年2018「一」
2018-01-02 17:25:27

Diary

newlife1
2017年大晦日に
2017-12-31 18:39:56

Graphic

mataichi_leaflet06
またいちの塩 リーフレット
2017-12-16 18:38:08

Branding

gensai_logo01
「玄菜」ブランドづくりのはじまり
2017-12-13 18:16:36

Life style

home_move
古民家暮らし、おしまい
2017-11-28 10:47:43

idea

voteicon
選ぼう2017
2017-10-16 16:15:21
 
サイト変更のお知らせ
Jul 20, 2018
aobatowebtop
DIARY Interview
Nov 5, 2015
int
アナバナさんに紹介して頂きました
Oct 12, 2015
コトバナ03