竹研たちばなのロゴ

立花町を思う竹研たちばな。
八女の立花町は竹の子の産地。
しかし、後継者不足、生産者の高齢化とともに、竹林の荒廃が進んでいます。
そこで、この竹林を使って地域を活性化したい、
里山を綺麗に保ちたいという思いから「竹研たちばな」という研究グループを発足し、
この土地で採取する土着菌に着目した竹堆肥作りの研究を粘り強く行われています。

依頼内容
竹研たちばなで作る堆肥の商品づくりとグループ自体のブランド構築をしたい。

目的と提案
60歳以上の立花町を思うおじちゃん達の研究グループであること、
そしてマークが出来てあがる商品に展開されたときに
信頼の証となることを目的としています。
この竹研たちばなというネーミングは、江副プロデューサー
ロゴマークは、竹の有効利用と立花町で循環し、
その勢いがどんどん増していくことを表現。
書体の「たちばな」はメンバー野中さんの書をベースに書きおこし
独自性を出しています。

プロデュース_江副直樹(株式会社ブンボ)
起業アドバイス_田中美智子(株式会社トータルオフィス・タナカ)
デザイン_前崎成一
プロジェクト_九州ちくご元気計画
Feb. 2012

竹研たちばなロゴ
名刺トランプ


Twitterでつぶやく

Client

株式会社 サンショウ
NUNUSAAA
こうげのシゴト
福岡市文化芸術振興財団
独華陶邑・Gallery白田
南畑ぼうぶら会議
スローフード協会 筑後平野
大春の里
蒜山耕藝
福岡書芸院
DIARY By Narimura
manuf
ひろかわ新編集
またいちの塩
KifuL
ギャラリーなかむら
野上耕作舎
板場合同会社
うきは百姓組
紙漉思考室
竹研たちばな

実績一覧へ

Symbol

chenge
アオバトに本当に変わりました
2018-07-20 12:21:25

News

logoweb
アオバトに変わりました
2018-02-15 05:13:01

Diary

aologo
アオバトに変わります
2018-02-14 14:42:44

Diary

hajime
謹賀新年2018「一」
2018-01-02 17:25:27

Diary

newlife1
2017年大晦日に
2017-12-31 18:39:56

Graphic

mataichi_leaflet06
またいちの塩 リーフレット
2017-12-16 18:38:08

Branding

gensai_logo01
「玄菜」ブランドづくりのはじまり
2017-12-13 18:16:36

Life style

home_move
古民家暮らし、おしまい
2017-11-28 10:47:43

idea

voteicon
選ぼう2017
2017-10-16 16:15:21
 
サイト変更のお知らせ
Jul 20, 2018
aobatowebtop
DIARY Interview
Nov 5, 2015
int
アナバナさんに紹介して頂きました
Oct 12, 2015
コトバナ03